パワースポット、筆遊びで有名な雁田薬師浄光寺。護摩法要、厄除け祈願、がん封じ、息災延命の祈願寺。癒しの里霊園。

2022/8/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

アーカイブ

blog.rdf blog.xml

2022年8月3日

【2022年8月3日】宮城県松島災害支援出...

【2022年8月3日】宮城県松島災害支援出動

「インターン生初日から雨の中災害支援活動!」

本日は先日の豪雨災害に伴い、宮城県松島市で土砂崩れが発生しました。日本笑顔プロジェクト本から代表林、副代表春原、涌井、nuovo成田オーナー板谷が災害現場に入りました。

そして今回はインターン生初日で災害支援活動をさせて頂きました涌井がレポートを書かせて頂きます。

先日サブスク重機検定1級を取得し、早速災害支援活動に入らせていただきました。
今回は災害現場「ひよこ状態」で学んだこと、感じたこと、日々のトレーニングと現場での違いなど紹介させていただきたいと思います。

【被害状況】
下記の写真の通り、豪雨により土砂崩れが発生し、建物(倉庫)の基礎一部分が倒壊しました。土質は水分を含み、粘土質で地盤が不安定な状況下でした。

【災害時は先を読む行動を】
私が今日痛いほど感じたことです。作業の全体の流れを把握・理解し、倒木、土砂をどこに運ぶか、どこにまとめるのか、重機をどのように配置すれば効率的か、二次被害を出さないためにとるべき行動など、1歩2歩3歩前を読む力が必要でした。
ダンプや重機の細かい操作がわからないはご法度!先輩の愛の鞭をいただきながら先輩クルーの動きを見て学び、自分が取るべき行動の最適解を模索しながら作業にあたりました。

【平坦な場所はない!】
普段、nouvo でのトレーニングは平坦、いわば快適な場所で重機を操作しています。
ですが下記の写真通り、災害現場では急斜面の他、水分を含んだ粘土質の地盤で不安定な環境です。
その環境下で重機を効率よく動かすメソッド、(ハイド板で車体上げと、地面と並行に保ちながらバケット水平操作など)普段のトレーニングスキルが改めて活かされたと思います。
実際、思うような操作が出来ずスキルの非力さ、先輩メンバーのすごさを感じました。

【被災された方のケア】
災害ボランティア活動をする際、ただ、目の前の作業をこなすのではなく、被災された方々一人ひとりを尊重し、思いやりの心を持って作業することが本当の「支援」の形だと思います。
明日、また新たな現場に出動しますが、地域住民の方々とコミュニケーションをとり、「笑顔」で心を癒せるよう努めてまいりたいと思います!

また、なぜ休学をしたのか、笑顔プロジェクトでどんな活動をしたいか、災害支援の想いなど近日中に紹介させていただきたいと思います。

明日はまた新たな現場に入り、スキルを体現し、体も技術も成長させていきたいです。

#日本笑顔プロジェクト
#DRTJAPAN
#DEFTOKYO
#レスキューアシスト
#日本財団
#ぼ活
#OPENJAPAN
#宮城県松島市

【涌井瑞樹】

お守り名刺のお客様の声です↓   いつも...

お守り名刺のお客様の声です↓
 
いつもありがとうございます。初対面の人と名刺交換をする際に、「この名刺いいですね」よく褒めて頂いております。相手にかなり印象が残るので助かります。引き続き宜しくお願いいたします。

労務管理事務所を経営されている方より。

ご感想いただき誠にありがとうございます!