パワースポット、筆遊びで有名な雁田薬師浄光寺。護摩法要、厄除け祈願、がん封じ、息災延命の祈願寺。癒しの里霊園。

アーカイブ

blog.rdf blog.xml

2021年9月22日

茅野市土石流災害 手の届かない部分へ...

茅野市土石流災害 手の届かない部分への支援

本日は笑顔プロジェクトから春原、DRT長野から1名、地元若手有志3名が現場に入り作業を行いました。

本日は大量の流木と流れ着いてきた廃棄物が多数引っかかっているキウイフルーツの棚周辺の撤去作業と倉庫横の土砂撤去、土砂搬出、泥に覆われた倉庫の撤去作業を2班に分かれ行い重機と手作業で効率よく作業を進めていきました。
キウイフルーツ棚は胆管に大量の流木が引っかかっておりまずは胆管の撤去を人力で一つ一つバラしていく細かい作業…
胆管をバラしていく箇所を間違えると棚の下に挟まれる恐れもある為重機を使いショアリングしながら撤去していきました。
胆管を撤去すると大きい流木、どこから流れてきたのかわからない紅白ポールなどが土砂の中から出てくる…
分別をしながら撤去をしていきますが想像以上に土砂の中に埋まっており数日かかる模様…

もう1班は倉庫横に土砂が流されて倉庫の波板を押して圧がかかっており波板が凹んでいる状態でした。
1.7tの小さな重機を土砂で取るために土砂が入った倉庫を撤去する必要がありました…
ここは重機を使い持ち上げ移動させる技術を使います。これはスキルが必要になってくるなかなか難しい技術です。
倉庫横の土砂は30センチほど堆積しており1日では終わらず継続になります。

現場では2tの重機や1.7tの重機、解体の資格を有するツカミの重機を投入しています。
狭い場所が多く現場ではヘッドガードと言われる重機の屋根を取り外し狭い場所へも入っていきます。

引き続きニーズも残っているため他の団体とも連携しながら引き続き活動をしていきたいと思います。

23日、24日は重機講習会の為本日で一旦現場から小布施の本部へ戻ってきました。
また25日、そして来週から再び現場に入る方向で進めています。

「できる人ができる時にできることをする」

少しでも被災者さんの力になれるよう私たちも全力で支援活動を続けていきます。

継続的な支援のため、皆様のお力添えのほど何卒宜しくお願いいたします。支援金、随時募集しております。

銀行口座へのご寄付
八十二銀行
支店名:小布施支店
口座番号:普通 242431
口座名:一般財団法人日本笑顔プロジェクト
※振込時に7桁の指定がある場合は、先頭部分に「0」を入力して、[0242431]としてください。

クレジットカードでのご寄付
https://egaonowa.net/donation/

#日本笑顔プロジェクト
#日本財団災害支援
#災害支援
#茅野市
#重機ボランティア
#笑顔crew
#笑顔のために

連携
#茅野市
#県社協
#日本財団
#DRTJAPAN_長野
#patagonia
#MOTOROLASOLUTIONS
#株式会社デジタス
#株式会社サンコーレンタル
#株式会社アクティオ

ありがとうございます
#寄付者の皆様
#地元ボランティアの皆様
#応援してくださる皆様
#サブスク会員の皆様
#Facebookをご覧の皆様

(春原圭太)

コメント

コメントを投稿

※書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきます。

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはwrasです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。